地元の金融機関の強みを知ろう

長崎銀行で預金しよう

大人気の北陸銀行

おすすめ山口銀行

あなたの町の清水銀行

地元を活かす上田信用金庫

岐阜信用金庫の商品でライフプランを実現

湘南信用金庫のオリジナリティー

 

長崎銀行で預金しよう

長崎銀行の納税準備預金
 

納税準備預金とは、個人や法人が国税や地方税といった税金を支払うための資金専用の預金口座です。わざわざ納税するために口座開設しなくてもいいじゃないかという人もいますが、それなりにメリットのある金融サービスなのです。われわれが支払う税金には所得税、相続税、固定資産税など色々なものがありますが、それらを支払う際に納税準備預金口座を経由するとコストが浮くのです。

具体的には、納税準備預金を介して納税された税金の利息は非課税となります。さらに普通預金に比べると金利が高い傾向にあるため、利息は多く課税は少なくて済むわけです。人によっては投資信託などで資産を増やすよりも、納税準備預金のようなコストを削減できる商品を活用して資産を増やそうとする人もいます。納税準備預金は預金保険制度の対象でもあるため、納める税金の額が大きくなる法人の利用が活発な商品でもあります。

長崎銀行でも納税準備預金を扱っているため、高金利や非課税といったメリットを最大限に利用したいものです。そこで重要なのが納付のタイミングです。というのも納税準備預金は資金を長く貯めておくほど利息がつくので、できるだけ利息を貯めてから納付したほうがお得なのです。預け入れた時期にもよりますが、一括納付せず分割納付にして残った資金に利息をつけるという手もあります。

とはいえ長崎銀行のような金融機関では複数の預金口座に資金を分散すると、利便性が上がる反面、利息が少なくなってしまうリスクがあります。そのため目的に合わせて定期預金や貯蓄預金など利用する商品を絞り込む必要があります。さらに税金は年金と違って一括納付のメリットがほぼないので、余裕をもって分散できる資産ができてから利用してもデメリットは少ないでしょう。

 
 
Copyright ©地元の金融機関の強みを知ろう 2017. All rights reserved.
Un diseño de ePlantillasWeb
Templates web